思い込み その8

不幸そうな人や相談してくる人には近づかない。
来ても逃げる。悪口ばっかりの人からも逃げる。自分の
感情がどうなっているか。思い込みを排除した状態で。

自分が思い込んでいる通りの現実を体験している。思考
で少し思ったぐらいでは変化しない。思い込み次第で
どちらにも真逆の事も起こってくる。本当に自由。だから
コントロールする必要はない。思い込みも適当で、理由
もなくその現実を引き起こすためだけに存在しているの
だから、変えても問題はない。感情は、その感情になる
ことと、思い込みの間に相反関係があるか確認するため
だけのもの。思い込みより感情の方が正しく、そういった
感情を維持できる現実をつくりだす。

全ての事は自分で判断している。羨ましいと思う事でも
客観的な出来事を自分がいろいろ考えて判断しているだけ。
羨ましい事かどうかわからないが、自分が知らないだけで、
そうした事はもっとたくさんあるはず。あまり気にしない。
執着しない。それより自分の望む事、楽しい事に意識を
向ける。仕事も適当でよい。自分の思考にだけ焦点を向ける。
自分からは仕事以外で話しかけない。話をしないといけない
という思い込みがある。それが判断や抵抗、執着を生んで
いる。他人を無理して尊敬したり、良く思う必要はない。
たとえ親切にされていても。半分からかい気味が丁度良い。
自然に尊敬する時以外は年配でも心の中では適当に考える。

目上の人や親しい人を敬ったり、尊重したりするのに、
感情的に苦しい(ネガティブになることがある。そういう
ことは本来、自然に湧き出てくるもので、敬わなければ
ならないという思い込みが苦しみを生んでいるのかも。
楽しく考えれば良いのでは。誰にも言わなければ。

被害者意識が出てきても全てエゴのつぶやきだと気づき、
反応せず笑って過ごす。そして望む事を考える。被害者
意識が出てきても構わない。それが「駄目だとか。出て
くるなんてとんでもない。すぐに消さなきゃ。」という
思い込みが苦しみの原因。

儲け → 信じる者(ex,望めば望むだけ金が入る。)は
その通りの現実を体験する。

思考について、エゴなのか、意識したものなのか区別する
こと。エゴは自分に何ら影響しないので、消えるまで放って
おく。放っておけば、エゴは言いたい事を言って終わって
しまう。その後、意識として自分の望む事を考える。エゴ
はしょせんエゴ。撲滅する必要はない。気にせず気づくだけ。

他人を大事にしなさいと言われるが、まず自分を大事にして
からだろう。自分を大事にできない人が、他人を大事にでき
ないだろう。どこか無理してそうと、自分の中の声が言って
いる。だから、放っておいてとりあえず自分が満足できる
ように、意識を向けよう。自然と他人を大事にしようとする
のはそういう事ができてからだし、それでも周りの人から順番
に広げていけばいいだろう。

自分の心の声と調和して、楽しく過ごす。他人の声はあくま
でも参考。気軽にやる。適当に続ける。その方が習慣になる
から。自分がよく見える(考える)世界が現実となる。

どんなことでも過大・過少に評価・判断しない。どんなもの
でも完璧なもの完全に駄目なものなんてない。どこかその反対
部分も見えてくる。それも含め軽く考える。

これまでエゴの言っていることを真実だと思い込んでいた。
潜在意識は、外部からの情報を顕在意識がOKし、それが何度
も続くと潜在意識の中に定着してそのまま現実化していた。
だから顕在意識は門番だ。だが、完璧に許可・不許可の判断
をできていない。不意に入ってきた情報など無意識に入って
きて、そのまま定着してしまうことがある。だから、環境は
大事だし嫌なニュースとかは見ないほうが良いというのは正解
である。

思い込み その7

自分が無意識に何を考え、何を考えた時にどう反応し、
どのように反応・行動するのか。それを観察し、それに
対して一切判断・反応せず、ありのまま受け入れる。

その場の事や時間潰しに思考を当てないで、望む事に
集中する。楽しければいいが、気分を害してまでその
場の雰囲気を良くしようとかする必要はない。

無意識に浮かび上がってくる事があれば(たぶん抵抗
しているのだろう)、気づくだけで判断せず、そう
思っている事を認めて、じゃあ望む事は何なのか意識する。
意識している事が続くことで潜在意識にすり込まれたもの、
継続したくなければ、一旦認めて違う事を考えそちら
をメインにしよう。少しづつ変わっていく。

エゴに気づいた時、遅かったり途中で途絶える(抵抗)
しても気にせず、駄目だとか否定しなくても良い。適当
でいいんだ。

探す必要はない。自然と目の前に現れる。

適当でよい。その方が長続きする。ズルズルと続けて
いけば、いつか上達する。諦めたり、否定してしまう方
が結局良くない。

嫌なことを気にし続けると、エゴが動き出し過去の事
まで出てくる。思い込みがとけるチャンスでもあるが。
思い込みに気づき、違う意識に変える。

こんなこと駄目だと思う事でも、望む気分になる事なら
大丈夫。駄目だと思っていることが思い込みなだけ。

その人の腹立つ事に目を向けるか。面白い事に目を向け
るか。行動で何かするとか、こうしないといけないと思う
ことはいらない(ex,対等に平等に人を扱うとか、優しく
しないといけないとか。)。

基本、嫌な事や人は忘れるに限る。

嫌な事(エゴ)がぶり返す時のトリガーが、それと同じ
感情を体験し意識し続けていた時もある。

失敗した事、嫌なことはすぐに忘れて、違うストーリーを
考える。不幸そうな人や相談してくる人にも近づかない。
来ても逃げる。悪口ばかりの人からも逃げる。
自分の感情がどうなっているか。思い込みを排除した状態で。

思い込み その6

潜在意識はコンピューターみたいなもので、こちらが指示を
出せばそれがどのようなものであっても、実現するように
24時間365日稼働します。コンピューター自体がこれは○○
だからやめましょうと判断はせず、丸呑みします。
しかも、コンピューターよりも偉大なものなので達成する
規模が違います。ただ、判断しないため顕在意識や自分本来
の感情から考えて(大いなる私)と異なる指令を誤って受け
ても動き出す。それを防止するには顕在意識が、大いなる
私の意識を伝えなくては(感情等を使い)良いと自分が思う
指令を潜在意識に送ること。

ランやウォーキングをするのも気晴らしや遊び。楽しいから
や考えがまとまるからで(お風呂に浸かるのも)しても
しなくてもどちらでも良いし、すごいことでもない。

この引き寄せや悟りもごっこ遊びみたいなもので、楽しんで
思い込みを変えて、外部環境も変えてさらに楽しんじゃおう
というだけ。みんながみんな、楽しみたいと思っているか
どうかわからないし、これをするのも別に普通のことで、
こんなのしなくても自由に変えている人もいる。
人それぞれで、こんなのすごいものでもないし、誇らしげに
他人に語れるものでもない。こんな単純な事わからなかった
のだから、知っている人は知っているし、やっている人は
やっているだろうし。当たり前の事で。今まで、自己流で
スケボーしていたけど、うまく滑れないから本や動画を見て
勉強しましたみたいな。でも、教室まではいらないな。
みたいな感じかな。だから、気の向くまま適当にやっていく。

潜在意識の思っていることも自分ではないのでは、ただの
思い込みだから、変えることができるから。(簡単に)私とは
違う。影響されやすい。

繰り返し、繰り返し、癖になるまで続けていく。難しいもの
じゃないし、スケボーや自転車が上手にできるようになるまで
訓練したのと同じこと。

望まないものが出てきた時、それに対して抵抗したり判断
したり執着せず、ただ望まないものだなと気づき、「はい、
わかりました」次へ行こうと、望む事に意識的に思考を変更
する。

望まない事を考えていても、これまでの思考の結果出てきた
だけなので、出てきたなと気づくだけで良い。それ以上の
ものではない。別に変に気にする必要はない。その後、望む
思考をすれば少しづつでも変わっていくのだから。

望む事か、それ以外か。だけ判断し、それ以外は一切判断
せず、望む事に意識を向ける。

仕事の状況や人間関係で時間つぶしのために話をするので
あれば、望む感情をキープするように思考を整える。

ラッセルの幸福論も同じようなことを言っている。幸福の
ためには、人は他人の事をそんなに気にしていない。他人の
事をそんなに評価・理解できない(興味がない)。→本人の
事で忙しく本人が興味がある他人の部分のみ、本人の価値観
を通じて都合よくみているだけだから。→だから、他人から
の評価や意見を気にしない。→被害者意識ももう本人達は
そのことなんかすっかり忘れて、都合の良い事しか覚えて
いない。むろん私も。今後起こると勝手に思っていることも
実際には起こらない。

悩んでうまくいくことはないと実感している。むしろ考えず
に進んでうまくいった事がある。悩みもエゴ、今考えている
ことが後の自分の思考や現実をつくっている。だから、悩ま
ない。

たまに現実を見て、「なんて無駄な事をしているんだ。これも
間違っているのかも、騙されているのかも、能力があったり
運がある人だけなのかもといろいろ思ってしまう。悩んでしまう。
これもエゴ。こうしてやってくる事をやめさせて、いつもの
思考・現実を通して、思考を元に戻してしまう。そのぶり返し
がきているのかもしれない。いわゆる脳の安定化機能の一種。
潜在意識は変わるんだ。意識的に繰り返すことで簡単に変わる
んだと思うこと。望む事を繰り返し繰り返し、意識していく
しかない。新しい事をする場合は、ぶり返すことはない。
ただ、これまでしてきた思い込みで強い部分を変えるときは、
防御しようとする(幹の部分に近ければ違いほど)反応として
ぶり返しが強いのかも。

望みの状態になっている気分になって(自分だけでなく他人や
外部状況(ex,環境等)も)何ら問題はない(解決する必要や
望む状態になるための方法論を考えたり、行動も不要になって
くる)状態だと意識してしまう。他人が困った風に見えても
(ex,本人が困っていると言ってきたり、他人に薦めたくなる
気分・・・→たぶんエゴ(優越感)。それは他人が思い込んで
いるだけで、本当はうまくいっているのだと意識し、望む事が
なっている気分をキープする(○○さんも幸せなんだとか)。

現状の環境は自分が今をどのように捉えているのかによって
わかる。楽しいと思えばそのような環境だろう。「私は今幸せ」
は1ページ150回書ける。30枚のノートなら一冊9,000回書ける。
10万回書こうかと思えば12冊ぐらい必要。それくらいを目標に
して気軽にしていけばそのうち変わっていく。「今」の認識しか、
外部を見る方法は無い。過去や未来に対する認識は幻で、現状
には何ら影響しないし体験することができないことを意識しても
仕方がない。永遠に続く「今」の現状しか自分は体験できないの
だから、「今」に対する認識を変える。輝かしい未来のための
手段として今を認識すれば、手段としての今の状況が続く。
決して輝かしい未来の状況は訪れない。

何でも集中できる(できれば望む状態の気分になる。)事をする。
そうすれば「今」にあることができる。そうすれば潜在意識との
やり取りが上手くいく。NHKの脳特集でも言っていたが、脳は2種類
あって潜在意識に関わる部分は普段ダイレクトに繋がらないように
ストッパーが脳内物質(電気信号)によって行われている。それを、
沖縄の巫女さんは自己を見つめることで(これは禅にも通じそう。
大泉君も北欧制覇の際、足をバンバン叩いていたから、あれも
繋がっていたのでは)、南米のシャーマンは幻覚が見える自然に
生えるキノコを食べることで、ストッパーになる脳内物質を減ら
して潜在意識を繋がりやすくしているのでは。調整できないと
落ち着かない(全ての過去がずっと見えていたら混乱する。
だから、忘却という形式で潜在意識に過去の出来事が収納され、
普段は思い出せない。)し、宇宙意識と一体だから、ふと何気なく
思っただけで外部状況に反映するとおちおち落ち着いて意識でき
なくなる。そのストッパーの役割をエゴもしているのではない
だろうか。だから、エゴを滅すことはできても無くならないし、
完全に無くなるとかえって危ないかもしれない。うまくコントロール
するだけ。

思い込み その5

自分の感情や思考を大切に。
自分を否定せず、肯定的側面になるように努める。全ての事において、
自己中心的に物事を肯定的に考える。外的状況は、行動しなくても良い
し、そう決めたことによる不利益はない。外部からの指摘や状況を気に
せずこれまでの思い込みもすべて無視していいから、今あるエゴも含めた
(宇宙意識も)ものに判断して否定して嫌な気分にならず、楽しい気分
になるよう思い込んでしまおう。

自分大好き、自己愛、自分が一番大切。一番身近かだし、全ては幻で
思い込みの根拠も全くないのだから、自分が楽しい気分になった方を
選択できる。あくまでも、選択肢の一つとして。自分のエゴでも楽しい
気分になるなら、そちらを採用しよう。
ex,過去の出来事に執着している場合、エゴに気づいた方がどうしよう
もないことだし。
→他人をコントロールできないことなら、自分の意識ではどうしよう
 もない。 ただの過去の事だし、思い込みとしてうまくできない
 自分がいるかも。客観的事実か?幻か?自分が相手だったらどう
 考えるだろうか。自分のその時の意識がどうだったのか気づく。
 自分の思考が全てに影響している。

ex,現在や未来についてコントロールしようとする場合。
→エゴの自己欲だけど。思い込みで悪い事、エゴの塊、人倫に反する
 じゃないか。羨ましい、できる人が羨ましい。腹立つ、人は平等では
 ないのかという思い込みがある。これは、ただの思い込みが邪魔して
 いるだけ、○○するという客観的事実に善悪も優劣も難易もない。
 自分の思い込みで“苦”をしているだけ。それを外せば。

理想の異性を追い求めていた。みんな一長一短で理想の存在ではない。
欠落の思考に焦点がいっていた。だから一番の基準が揺らいでいたから。

彼ら、彼女を責めるのはおかしい。許す。これはそんな事もできない。
理想の異性を理解できなかった自分を責めていて、それから逃げるために
身代わり、仕事も、限界を自分でつくり、理想の女性と比較して、自分で
「苦」をまねていた。自分で自分を否定し、蟻地獄のように貶めていた
から、それにあった現実が出てきた。あくまでも、自分の思考の向き。

両親との関係は、少し落ち着いているが、恩返しや家を守るという思いが
まだ残っている執着として。親は親なりの価値観で接してきていて、こう
なったが、自己の思考で気づけなかったことが原因なんだろうな。

全て、自分の価値を正しく認識する。今の状態で充分な価値があるんだと
理解する。理解がなく、不完全だと思っていたから、不安や恐れといった
欠落感を感じてしまい。そこからもがこうとしていたが、何をやっても(
行動の努力)もともとネガティブな思考では行動のための方法等に限界を
感じてしまう、かなり無理のある努力をする(1日20時間勉強とか、しかも
家の手伝いもする。)不完全さを補うために。そのため努力自体が疲れるし、
大変で達成しにくい。仮に達成できても、それより上(と勝手に思い込んで
いるというか、それを無理やり作り、それを乗り越えてこそ不完全さを
補えると)思ってしまう。
→でも、そもそもの原因は、根拠のない不完全だと決めつけた思い込み。
それだけ。あくまでも選択肢の一つ。大変な思いをしたからと言って良い
ことが起こるという因果関係はない。大変な思いをすれば、大変な結果が
待っているだけ。修行とは、大変な事とは違う。それも思い込み。楽しい
修行だってある。というか、そちらが本当の修行だろう。

自分の全てを(思考や感情、エゴで認識している部分も含め)愛し、認め
肯定する。絶賛しなくても良い。これが自分で当たり前だと思えればそれで
良い。変ではない。自分の中での多様性の一環だ。

自分の望む事を繰り返し声に出して話したり、書いたり、思っていたり
すれば潜在意識がそれを習慣にしてしまう。ex,挨拶等。
習慣になれば無意識でそれを実現しようとする。潜在意識の方が多くの
細胞があり、24時間365日稼働しているのだから。そちらに任せて、変な
条件づけしたり、状況を確認する必要なんてない。放っておけば良い。
あきらかにFBIと個人以上に違うのだから、安心して任しておけば良い。
すごく優秀な秘書だと思えば良いのです。

過去はこうなんだ。ex,嫌がらせを受けた。というのも思い込みだし、幻。
だって「今」起こっていない。「今」しかない。過去や未来、自分はこう
なんだとか、こうでなければ駄目だと思っていることも全て思い込み。
これをしないと○○にならないとか条件付けているものや、その条件のため
にしていることはやめてしまえ。それ自体が楽しく、その後した事で何が
あっても気にならない。(後悔しない)事だけをする。それ以外は全部未来
はやらないくても良いのに。やらなくちゃいけないと勝手に思い込んで勝手に
苦しんで、勝手に苦しい現実を引き寄せているだけ。全て思い込み。観察し、
気づく中で自然と見つけられるよ。

自分で選んだ思考や感情を常に認識して当たり前にする。例えば、幸福でも
人それぞれだから、外部がどうなろうと自分は幸せ。感情を自分で選択し、
外部の環境の選択も自分で決定権を得た。逆に外部の状況や望むものによって
幸せになると思い込むと、外部や望むものに自分の感情の決定権を委ねてしまう
ことになり、外部の環境は変わらない。決定権をどちらに置くのか。

facebookで自慢することで、満たされない思いを補おうとしていた。でも、
所詮は移り行くもの。満たされない。自分が満たされていれば他人に言う必要も
なく、告知(参加者募集等)ぐらいでしか、人に言わなくなるのでは。

人にからかわれたり、裏で陰口を叩かれると不幸になると思い込んでいた。
何をされても、自分の思考や感情は自分で決めることができる。外部の環境も
自分で決めることができる。だから、安心して何をされようと自分の幸せは
変わらない。

誰と結婚するかという事で、自分の基準ができていなくて、フラフラしていて
決めかねたために他人に迷惑をかけた。でも、今は基準をつくって自分の理想を
引き寄せることができる。決めかねることはないのだ。だからと言って。見せる
必要はないけどね。

他人がさぼったり、融通が利かなかったりしていて怒ってしまった。まだまだ
責任感をもって仕事をする。もっと良くする(手伝う)そういう思い込みが
残っているんだろうな。そうじゃなきゃ、怒らない。自分はしたくないのに、
思い込みで嫌々している。それなのに、それに反して自分の望み通りの事を
している存在がいると、腹を立てるということです。だから、責任感なんて
いらない。仕事は適当でよい。もっと良くしようとか、手伝うなんてしなくても
良い。しない方がもっと自分にとって良くなる。という思い込みに変更だ。

仕事は探さなくても、向こうからやってくる。当たり前のように望む仕事に
いつの間にか就いている。

幸せは自分が決めたから、幸せな状態。何かの条件でそうなるのではなく、
自分が決めてそうなる。皆、どのようになるのかを自分で決めて、その結果
それを宇宙意識により、外部状況に出現させる。

今ある疲労感も、これまで意図的に思考や感情を操作するということがなかった
から、疲れているのか。今まであった思い込みを解体して、新しい思い込みに
変化しているから疲れているのか、年をとったから疲れるとか、仕事が中途半端
になっていてネガティブな状況になっているから疲れていると思い込んでいるのか、
正直わからない。とりあえず様子見。自分の望む思考や感情になるように気を
付けておこう。

一万回ありがとうを毎日言おうとすると、1回1秒でも1日2時間47秒かかる。
これは大変だ。

シンクロ二シティはまだあまり出てこないな。もっと感情を上げる必要があるの
かな。でも、無理やりあげるのも変だしな。どうやったら感情をあげることが
できるのか潜在意識に委ねよう。ただ、異性を見て感情が上がった時に紛らわ
して無意識に落ち着こうとしていた。何か思い込みがありそう。気分が良いの
だし、落ち着く必要なんてないんだけどな。

悪や問題というのも、人それぞれの思い込みだから気にせず、放っておく。
そう決めなければ、悪や問題にならないし、自分が望むことだけを考えておけば
よい。それ以上の事は、それを望む人が考えれば良い。それが多様性。

思い込みや感情は基本。24時間365日変化しないものだから、普通になるくらい。
望むこともそれぐらいある。感情もいつもでなくても大多数の時は、望む感情の
状態であるのは当たり前、簡単にできるよ。

心配や不安なんていらない。必要な時に必要なものを得たり、必要な場所に
行ったり、何も考えなくても自動的に望む通りになる。エスカレーターに乗って
いるように。だから、不安等からものを集めたり、勉強したりする必要はない。
むしろ、不安に焦点があたるから、その収集は無駄になったり、逆に損すること
になるかも。安心して、本当にしたい事だけをした方がうまくいく。

望みは自分の選択する感情や状況になるため(外部とは関係なく)

腹痛やおならが出る時も無意識に我慢している。そういう状態も含めて体の感覚
や感触等に気づく。我慢しているという思考状態やそれに至る思い込み、感情にも
気づく。

被害者意識が出ても悪いと思わない。一つの思考の選択肢から出ただけ。今後は
採らないから出ているなと気づくだけで良い。被害者意識が出るような出来事を
引き寄せる気はないから。

何でも良いから自分の気分を望む感情へ変更すればよい。今の仕事は責任感もなく、
やる気もなく適当だけど、休憩もたくさんあってくだらないことをたくさん喋る
時間がある。天候に左右されないし、ありがとうございます。
休憩時間中に寝ている時間もある。多い時だと休憩が昼もいれると2時間30分もある。
ありがとうございます。何でもよいから、望む感情の方向へ向けよう。1日の2割
その感情をキープするとして、24時間なら4.8時間、起きている時間でも16時間と
して3.2時間。この時間ずっとキープしようと考えると結構長い。細切れ時間で
考えると気づいているときは、ほとんどその感情に向けた方がいいかもね。本当に
くだらないことでOK。なにもなければ、「今にある」か「私は今幸せ」と自己暗示
するか。

言葉ではなく、人生経験が教えてくれると本にはあるが、言葉だけだとよほど
読解力がないと理解できない。抽象的になればなるほど、日本語に翻訳されて
いるから、よけいそうだし。人それぞれの思い込みがあり、それに基づいて言葉を
受け止めるから、その時点で全く違うものになってしまう可能性もある。だから、
実際に試してみて、言葉で書かれていた事と同じ効果が出れば著者の意見を初めて
理解できたことになるというわけ。それが人生経験。

今、自分を否定すると否定される現実を出現させる。望みを考えると、どうしても
欠落を同時に考えてしまうのなら、とにかく楽しいことだけが浮かんでくることを
ひたすら考え、感情をよくするのも良い。自分の気分を安定させるためには、
ひたすら自分の感情を望む方向へ変え続ける。

今、その時の思考や感情を含めた環境を客観的に見て、自分が望む状態を思考や
感情で再現する。できるだけ長時間気軽にね。楽しくしていれば楽しい現実が出現
する。お金は望めば望むだけ入ってくる。仕事は適当で責任感なんてない。効率的に
しようとはせず(良くしようとは考えず)、思考では望む感情に向けたことだけを
考える。一生懸命や努力なんてせず、適当にしていれば、大金は普通に入ってくるし、
もてるし、理想の結婚生活を過ごすことができる。全て、みんな平等(思考すること
ができるという点において(思考行為の平等))なのだから、結果がそれぞれ違っても
当たり前。変に遠慮する必要なんてないんだ。

説明書や解説HPを読んでばかりの時はやはり理解が不足しているサインなのだろうな。
逆に理解が進むと道具であるそれらに固執しなくなるんだろうな。当たり前になって
きて本から吸収しなきゃと思わなくなる。

全ての事は思い込みからできている。だから、判断せずあるがまま受け入れる。

仕事なんか適当でいいから、思考を大事にしてしたいことを楽しむ。そのしたいことの
瞬間を準備や後片付けではなく、そのしたい瞬間だけを味わい楽しむ。思い込み、特に
その行為を否定する思い込みを手放してしまえば、その縛りがなくなるから普通にする
ようになる。そうなれば、コントロールしなきゃいけないという思い込み(しなきゃ
いけないという現実をつくっている)もなくなって、望まなくても当たり前になる。

お経さんや真言を唱えると、その言葉そのものの効果もあるが(般若心経や観音経等)、
強制的に「今にある」状態にしてくれる。瞑想もそうだが、私はあとウォーキング
(ゆっくりと楽なスピードで)やランニング(無理なく余裕があり、笑っていられたり、
望みのものをずっと唱えられるくらいのスピード)も、思考の整理や「今にある」に
近づけるのかも。宇宙意識から伝達してもらいやすいかな。リラックスして楽しく、
あと集中できて外部からの雑音が小さい状態ならなんでもいいんだろうな。

思ったことは何でもノートに書こう。嫌なことでも、ここに書くことで気づきになるし、
そのまま思い込みを浮きぼりにすることができる。望むことも思いついただけ、すぐに
変わってもいいから、とにかくその時感じた望みの事を書く。

行動は望みを体験する際に行うもので、望みができるためにするのではない。逆に、
思考は望みを体験した後に感じるためにあるものではなくて、望みができるために
するものである。

望んでない事が心に浮かびあがっても、それをもう一度見たくなければ、それを
そのまま受け入れ。違う望む事に思考を変える。執着するというか、その事の解決策
や復讐を考えても根本的解決にはできないのだから。

結婚、恋愛、SEX、お金についての全ての思い込みを手放す。簡単に手放せます。
全て完全に思い込みだから簡単に手放せた。

いくら整理整頓清掃や健康的な生活、ガラクタ捨て等を行っても、理想のものを
引き寄せることとはイコールでない。あくまで、これらは道徳的な思い込みに過ぎない。
だから、こういうことをする事と、思考や感情を観察し気づき、時には意識(めざめてる
時の心の状態。作用)して思考する事とは全然違う。むしろ、上記の事を嫌々、辛い
気分でするなら百害あって一利なし。気分次第でいまいち乗る気にならなければやめて
おく。途中でも。メソッドでもそう。無理のない範囲で。皆、違うのだから。多様性だから。

人生経験は料理と一緒。レシピを見ているだけでは食べられない。下手でも作って
みないと。

過去にこだわらず、望む事に意識を向ける。思い込みがあるから、あれは難しいから
あれをしないと達成しないみたいな条件付けをしてしまう。本当は何もないのに。
望みは目の前にあるのに、自分の思い込みの意識の中の力でなんとかしようとすると、
かえって壁ができて遠くなってしまう。

行動自体にあまり価値を置かない。それより思考に価値を置く。無意識で出てきた思考
(エゴ)や感情(ペインボディ)はこれまでの過去の思い込みの集合体。外的状況は、
それのおまけ。それが出てきても何ら反応せず放っておく。関係ないから。笑っていれば
良い。そして、何も考えないか、考える場合でも意識的に望むことだけを考える。今
(幸福)の延長線上のこととして、考える。

望むことを一つに絞って、それだけを考えたほうが良いといわれるが、それがつらい
場合なら、望むものを特に絞らなくても良いから望む感情になるものなんでも考え、
ノートに書き、味わえばよい。人それぞれだから気にしなくても良い。

意識して思考し、感情を上げていく。無意識の思考はエゴ、意識している思考は「今にある」

結局、勉強でも人生においても気軽でいいから、必要な事を繰り返し頭の中にたたきつけて、
頭の中で当たり前の状態にする。それだけなのかも。

NHKの小宇宙・脳Ⅱで、脳は制限をかけることで安定を図る。そのために見えないのが
潜在意識。ネアンデルタール人以前の記憶、生物であった35億年の記憶が残っているのだが、
見えていないだけ。今の現状は脳が再計算して再現している幻に過ぎない。一人一人再現方法
は違うから、その結果も違う。

白熱教室で、人それぞれ「幸せ」の定義が異なる。他人の欲求を無視し、自分の幸せを
自問自答する。正直に考える。自分の人生をコントロールしている感覚をもてれば幸せに
なりやすい。幸せはコントロールできるから、やはり内面を観察していくことがある。

思い込み その4

思考を停止した方が思い込みに基づいたエゴによる思考や行動もなく、
宇宙意識ともつながっているし、思い込みの影響もないから気分も
良くなっていき、望みの状況になるのでは。

ネガティブになるマイナスな思い込み(分離を伴う思い込み)・・・
優劣、善悪、必要性の有無、有益、無益等の判断を伴い分離する。
ので同一化せず受け入れる。
お金をたくさんもらう。→お金の量をどうするのかは個人の選択の
自由、優劣も善悪もない。たくさんお金があると、行動の自由等が
広がりやすいという客観的事実があるが、それも広がることが善悪
や優劣とは関係ない。ただ、客観的事実があり、それを誰もが自由
に選択しているだけ。だから、皆自分が決めた自由な選択の結果を
謳歌している。結果についても善悪、優劣はない。

意図的な創造の方法論
楽しいこと、望むこと、明るいこと、と感じているのか。
何を望むのか。意図をもっと明確に。→欲しいもの、理由、手に
入れると信じる理由。思い込みはあるか、邪魔していないか。

たいてい欲しいものは叶ってないから欲しいので、ほぼそれに対する
邪魔をしている思い込み、判断、優劣や善悪の基準なんかがあるはずだ。
欠落に目が向くのも、この基準に基づく思い込み(これまでの経験も
含めて)があるから、この思い込みに気づく、思い込み自体には善悪
も優劣もない。邪魔していると判断しているかもしれないが、これも
自由に選択しているだけ。手に入らないと信じる理由なんて本当は
一切存在していないのに、あると思い込んでいるだけ。自分であると
いうことを選択したので、それなら、解除することも可能。プラスの
思い込みまでなくても良い。思い込みをなくせばそれで十分。

エロさん 人生、自分、他人をコントロールしたい欲求を手放す。
→コントロールしないと達成しないというエゴのささやき。放って
おけば達成する。
人間の基本性質はそもそも完璧で無限の愛である。→判断をなくして
いけば、どの人も同じ人になり分離もなくなるので愛だけになるのかな?

自らの完全さと喜びや幸せに抵抗しないこと。→すなわち、ネガティブ
な所もなく、喜びや幸せがあれば何も考えず、無邪気に単純に喜ぶ。
条件も付けず。

恋愛やセックスがうまくいっていない人は、何かの抵抗観念がある。
→全てのマイナスの思い込みを捨ててしまう。(特別視、重要視、判断
したりしていないか、他の事と同じ軽く考える)マイナス(難しいとか、
慎重にとか、等)うまくいく、理想の人は普通にようはこれもただの
選択肢の一つ、難易度なんてない。優劣や善悪も。

思考の向け方も自由に選べる。無意識にネガティブな考えも出てくる
だろうが、それには気づくだけで良い。それとは別にポジティブな事
も考える。そちらを無意識に感情が湧かず、機械的になってもいいから。

しちゃ駄目なんてことは一切ない。判断を勝手にしているだけ。判断
してもよいのはしたいこと。したくない事だけ。気分よくできることと、
悪くなることを分け、良くなることだけする。

全ての事に思い込みがある。罪であったり、誰かが仕事をさぼっている
のも、それを怒って集団無視するのも、その人それぞれの思い込みに
よる思考や行動なんで正誤や優劣、善悪なんてない。それを自分が見て
判断することも自分個人の思い込みによる判断でしかない(正義感や
こうしたら喜ぶとかも)。湯舟に浸かって、「何も問題ないな」とでも
思っていればより。→判断しない。ネガティブから離れる。

思考を消すには「今にある」。全身や環境、呼吸を感じる思考せず、
ただ感じる。

感情 怒りも含め同一化せず受け入れる。

人生とは、自分がその時々で何か楽しく感じられるか思考や行動を
通じて探すゲーム

観念(思い込み)を外すのは簡単と決める(思い込む)

いつも思考したこと(思い込んでいること)が実現する。

思考や感情はエゴやペインボディで他人。

意識や源、生命といわれるものが自分。

「人間誰でも最大限に幸せで幸運であることに条件も努力も一切
いらない。」と思い込みで決めるとそうなる。

問答無用の豊な愛以外の感覚は全部錯覚と幻です。

老子も自分のもって生まれた天分や才能を十分活かして生きなさい。
→足ることを知る。→苦が生まれるだけ。分離しない。理想の自分
や他人を比較しない。あるがままに生きなさい。抵抗していない。
水のように上から下に流れる。客観的に見る。(22章)

無為自然 ・・・→ 自分を知って、自分のペースで自分の道(タオ)
を歩く。得意なこと、好きなこと、やりたいことをやりたいペースで
無理なく、楽しい気分で。

えろさん 常識や思い込みが条件となって、達成されなくなっている。
だからそんなものはいらない。→「コントロールを完全に放棄する。」
いわゆる東大さんの放っておく。~しなくては~ならないという条件を
つけているのと同じこと。思い込みが優先されている。

真面目にすると、「もっとちゃんと成長しなきゃ」「未熟=ダメ」と
いう観念になっていないか?
→メソッドに無理してしてないないか。もっといろいろ理解や情報を得る
必要があると思い込んでいないか?本当にこの方法で良いのかと思い
込んでいないか?
→疲労状態にある。特にメソッドをしていると判断はしない。気づくだけ。
少し寝ると楽になるけど、またやると疲れる。

思考やエゴ、ペインボディや感情は一つのものであって区別したり分離
したりするものじゃない。それは善悪や優劣もない。一つのもの。同一化
するかどうかだけで存在すること自体に何ら問題はない。

真面目が良いとか思い込みはないかな?

望みが叶うかどうかにかかわらず、その瞬間楽しく過ごせて、後から後悔
しない。条件づけて今を過ごさずに生活すれば大丈夫。今の瞬間毎に完結
させる。

22段階毎にしばらくその段階に居続ければそれに見合った外的状況が現れて
くる。だから、少しづつでも良い。無理してあげなくても、少し上げる
だけでも外的状況は改善していく。

お金持ちになりたい → 自慢したい → 幸せになれる → お金持ち
はすごいと思われる → 他人の基準に依存している。すごいと思われ
なければ、幸せが目標なら、今幸せになれる。お金持ちがすごいという
思い込みがあり、すごいのは難しいという思い込みがあるからそれに気づく。
一つの選択肢として選んだだけなので、問題ではない。今度は別の思い込み
としてお金持ちは普通で簡単になれる。別に自慢できるものではないを
選択する。いわゆる思い込みを捨てる。

22段階も上の方が良い。難しいという思い込みがある。上も下も優劣はない。
望むことがたまたま上の方の感情とリンクしているため、上を選択しているが、
下の方の感情も同じようにリンクしていることがあり、同じように外的状況
に出現する。ただ、難易度も善悪もなく、どちらを選択するかどうかの違い
だけなんだ。

無理してずっと観察や気づき、幸福になろうとせず、自分の気分も見ながら、
自分の思考や行動に選択できる時にましな思考や行動を選ぶだけでも良いの
では。嫌な気分になったらそれに気づけば、望む事もついでに考えるだけで
良い。気軽にしておく。

17秒メソッドは本来気分が良くなってから、しなくても叶う。希望することは
以前書いた通り、エゴによる思い込みがブロックになって特に叶いにくく
なっていること。
でも、エゴによって希望になり、叶っていないことで苦を生み出すもとと
なっている。叶った状態のみ楽しく感じることができるなら思っても良い。
そうでなければ、楽しくなること、良い気分、幸せだなと感じることが
当たり前になるように選択した方が早い気がする。楽しいな、良い気分だな。
幸せだなとつぶやけばいいだけだから。全ての思い込みや常識、科学、法律等、
全て無視して、無の状態で楽しいと感じる。幸せだな「今が」と思っている
だけで良い。幸せや楽観も含めて怒り等ネガティブと同じ一つの感情であって
優劣や難易も含め一切区別はない。ただの感情。そのうちのどれを選択するか
自由に自分で決めて、その結果を外的状況に反映させているだけ。だったら、
簡単に楽しい気分や幸福を選択できるはず。

今の状況は幻。以前に思考した結果。出現した幻で真理でもないし、重要視
する必要もない。善悪も必要性の有無もない。あくまでもバーチャル的なもの。
本当なのは、大いなる私がその幻を見て、聞いて、感じて、反応したり、新たな
思考や思い込みをエゴを通じて作り出している気づけること。思考や思い込み、
感情と一体化して抵抗したり判断したり、執着したりしていることに気づける
ことと、自分の望むことや宇宙意識からの伝達を受け取り意識すること。
ずっとできてないから「今にある」必要がある。今にあれば、同一化を防げる
ので。

現状は全て幻。映画やテレビと同じだから、難しく本気になる必要なんてない。
テレビドラマの事件を本気になって心配しないのと同じように。
みんな思考や思い込みを自由な選択によって自由に選んだ結果、自分の望んだ
現実を過ごしている。「苦」ですら、善悪や難易度、優劣もない。ただの
感情でしかない。自由な感情の選択の一つとして本人が選んでいるだけ。
だから気にする必要もないし、何かだと判断したりする必要もない。ただの
客観的な一コマに過ぎない。幻の中の一コマ、だから気にせず自分が楽し
かったり望んだ時に楽しい気分になる思考をしたり、今にある。今している
行動に意識をこめ、楽しく過ごす。

他人が苦しんでいると思ったら、それは他人が~だから苦しんでいる。
苦しんでいる人は~だから助けないと。助けないと~だから良くない。
など思い込みをたくさん持っている。だが、本当に苦しんでいるのだろうか。
向こうにしてみれば、こちらこそ苦しんでいると思っているかもしれない。
価値観も違うし、人は自分の方が優れていると思いたがるし、多くの価値観
で錯覚に陥っているだけなのかもしれない。人間なんて突き詰めれば、同じ
物質で作られていて、選択によって自由に作られているだけ、突き詰めれば
同じワンネスなんだよな。「大いなる私」が多様性や拡大のために種類を
増やそうとしているけど、元は同じだ。

疲労等の身体的苦痛の場合も気づき、そして楽しい思考へと変更する。元気
や健康な状態をイメージしてもいいし、その際ネガティブ(現状)を意識して
しまうなら、まったく違うことを考える。それが、その状態でもできること。
軽く考えられることに思考を移す。 ex,鼻づまり → 息はできている。
臭いは嗅げている。鼻水も出ている。等

欠落から充填のための希望ではなく、幸福や楽しい状態から、さらに楽しく
なるための希望に意識を変える。今、幸せ。今、楽しい。年収1,000万円、
年休140日になって更に楽しいことをしたり、楽しく生活しちゃうぞ。
責任感もなく、楽しく過ごすだけだと、意識を変えると、なるための条件も
変わる。基本、今と変わらないし。更に楽しくなるだけだから、簡単というか
普通のこと。判断する必要もなく、ただ自動販売機でジュースを選んでボタン
を押すのと同じように、すごく簡単。

幸せだと思うから、幸せな外的状況になる。豊かだと思うから、豊かな外的状況
になる。

ネガティブなこと。問題だと思うことに思考を向けない。エゴだから、気づく
だけで良い。そして楽しい気分になる意識に向け変える。そういうネタを普段
から探しておこう。

ネガティブな感情を持つのは、その相手方と同じ思い込みをしていたから。
つまり、同じ事をしているから。

「人生経験を通じて知る。」というのは、書いてあること、思ったことでも、
聞いたことでも一度自分で行ってみて、結果を見て自分には効果があるのか、
書いてある意味(行間も含めて)理解することができ、経験しないと各人の
ものとして使い物にならない。一度やってみて、結果もちゃんと観察し、原因
と結果を納得する。効果がなければやめれば良いし、自分はこっちの方が使い
やすいと思えば改良すれば良い。自分の意識や感情に注意して気軽に楽しむ。
楽しき気分(特に感謝したり、清らかだったり、良いと思わなかったり、志を
高く掲げたりしなくてもよい。エロでも下世話な笑いでも、普段の会話や日常の
出来事でも良いから楽しく感じること、それを意識して選ぶ)自由なんだし、
どれを選んでも優劣、善悪、難易度、必要性の有無等一切ない。ただ、自由に
無限にある思考の中から選ぶだけ。仕事中も責任感ややる気もないし、幻だから
面白かったことを思い出して、楽しい気分になっている。とにかく楽しく
なれれば何でも良い。嫌なこと(お風呂またされる)も思い込み、自分がそう
思って苦になっているだけ、自分で選択して苦になっていただけだから、悪い
ことではない。その後は変更すればいいだけ。

今まで、新聞やテレビやネットや書物、会話などで、他人の意見をうのみにして、
自分の思考や感情を選択してきた場合。新しい思考や感情を、それを自分の基準
で選択しようとすると選択能力が著しく劣化しているかもしれない。仕方がない。
今まではどちらかというと個人独自の思考や感情の選択能力は否定されがち
だからね。それに普段ぼーっと受け身でいたから知的体力も低下しているだろう。
だから、自分で新しい思考や感情を選択しようとすると疲労しやすくなる。その時
は寝るなりして、脳みそを休憩させてあげることも良いことかも。そのまま無理
をするとこれまでの感情や思考が出てきてしまう。ある意味、選択できず旧来の
ままの無意識状態に近くなるから。少しづつ、思考や感情をどんな時でも外部の
状況に左右されず選択する能力は強化できるので、安心して進めていけばよい。

思い込み ・・・ ○○の中華料理店はまずい。という経験を一度でもすると、
それがその人にとって真理となる。たまたま、その時だけだったのか、その後
変わっているかもしれないが、自分が食べてまずかったと経験したことは納得も
しているし自信もある。だから、疑いなく理解や納得している。書いている事や
聞いた事はそこまで理解、納得ができていない。体験したことは強い。百聞は一見
にしかず。

仕事でもそうだが、まず自分が望む状態を考えて(嫌な気分の時、その時より望む
状態がわかる)あとは仕事と関係なくて良いから、楽しい気分になれることを
ひたすら考え、たまに望むことを考えた時にネガティブな感情になったら(感情に
気づく)、その前提として思い込みに何を考えているのか観察して、気づく。
気づくだけで良い。そしたらその思い込みは消えていき、望むことに対して
ネガティブな感情も湧きにくくなるだろうから。ひたすら楽しい気分に。
今だけ外部は幻だし過去や未来も幻。あるのは内面の「私だけ」に集中しよう。

心を楽しくするには、体調が大事。睡眠時間もそうだし、けちって体力的に無理
な事をしたり、周囲に気を遣うのもやめる。ただ、ただ自分が楽しい気分で過ごす。
お金は、自分の感情を楽しい状態に維持するために使うもの。

普段の生活で「苦」を感じるときは、だいたい思い込みがある。あとは、被害者
意識を感じていないか。幻である今を見て欠落を感じていないか。もし、感じた
場合でも、それは以前思考したときに感情で感じていたことだから、重要視する
必要はないのだ。だから、今感じている、今あると思考していることが全て
なんだから、「苦」があると感じるなら、その後の思い込みとともに全て気づく
(思考で全て出してしまい、許せたら許す。被害者意識もほとんど自分が他人に
してきたことでもあるから、立場が逆なら今回もした側だったろう。同じ思い込み
があるからそういう「苦」の感情を出しているんだし。

楽しい気分になる思考をすれば、それと同じ気分になる現実を体験できる。これは
楽しいだけでなく、どんな気分でもそう。すべてただの選択。気分に優劣はなく、
起こってくる現実にも優劣はない。

「苦」が出てくるのはこれまで「苦」を選択した結果、思考や思い込み、現実に「苦」
となるものが出てきた。それがまだ残っているだけ。自分は違うものを選択したら、
すぐに思考、思い込みは変わるのだから、安心していたら良い。現実も選択したものに
変わっていく。普通のこと。

潜在意識にこれまでの思い込みや感情をインプットされていて、それに伴い外部へ反映
されていただけ。特別なものでもない。自分の思考や思い込み、感情を外部でもなく、
過去や未来でもなく、今の自分の判断で決める。無限の選択肢の中で、自由に無制限に
一切の条件もなく選ぶことができる。常に、自分が望む外部状況を意識して、他の事は
気にしない。

常に楽しい気分になるよう。今まで動画で見た面白かったものやマスメディアで見た
記事、他人との会話、旅行先での出来事、美しい風景、自分の趣味をしていた時、
素晴らしい異性等、楽しい気分になることならなんでも良い。心が疲れない程度に、
笑ってしまうのは人がいないところの方が良い。睡眠やお風呂、のんびりと休憩したり、
ぼーっとするのも良い。ともかく、無制限だし、あると思ったことは全て思い込み。
気づいたら消えるから。楽しい気分に全面的に浸かる。中途半端にならない。

望んでいることは、いつも考えていること。思い込みも含めて、エゴが望んでいると
いったものでなく、いつも考えていることが本当に望んでいること。そして、現実で
その事は叶っている。当たり前だと思っていること、自信をもっていえること。車で
会社まで運転する。とか、食事をするとか、弁当を頼んでいたものが食堂に置いてある。
それはそうなるとかたく信じていることは、無意識に考えてぶれることがない。そして
叶っている。紐を引っ張ると、照明がつく。ボタンを押すとテレビがつく。全てそう
なると信じている。紐を引っ張ると照明が点くと信じ、点くことを望んでいる。照明が
点くことを望み → 宇宙意識で紐を引っ張ることを伝えられ → 引っ張り → 
照明が点く。 望みが叶う。

現実は幻。その幻の延長線上の架空の思い込みや過去も全て幻。テレビドラマと同じで
関心を示すかどうかは本人次第。だったら、ほかのテレビドラマの楽しく感じる方に
関心を移せばよい。

興味のない話題が頭から離れない場合は、興味のある話題のキーワードでも良いから
つぶやいたり、書いたり、瞑想したりする。何百、何千、何万としたり、何分、何時間と
すれば、少しは落ち着く。気軽にする。楽しくする。

今、漠然としてでも思っていることが、そのまま次の現実、または同じような感情を
引き起こす現実を作ってくる。今考えている事自体は善悪も優劣もない。過去に何度も
その思考をすることを選択してきただけだから。興味や関心があるならば、その思考や
感情を再び選べば良いが、そうでないなら、違う興味や関心のあることに焦点を移すか
何も考えない。気づき、思っていたことをすべて受け止め(頭の中に出して)にっこり
笑ってあげる。許してあげる。今までの選択してきた思考なんだから。

良い気分という言い方は、善悪を意識するからやめておく。自分が選択するのに優劣は
ないし、どうしても~しなければならないという流れに入ってしまうから。

楽しい気分を選択すれば、楽しい気分になる外的状況も出てくる。すぐに出てくるか
わからないが。

気分が下がる時もある。それも全て観察して気づく。一気に感情が上がることもないので、
その時々の感情に気づき、無理せず少しづつで良いから自分の望む思考や感情を選択する。
抵抗せず、判断せず、執着せず。あるがままに受け入れるだけ。

あることを思った時に苦しみを感じるのは、その思考と思い込みの間に相反する関係が
あるから。 ex,人と喧嘩     思い込み 人と仲良く

思い込みを変えればよい。人とけんかを考えると苦しく考えて抵抗してしまう。思考も
思い込みも悪くない。一つの選択なだけ。思い込みか思考を変えると良い。ただ、思い
込みの方が問題となっている場合もある。実現のためには。思い込みに気づけば、楽に
なれる。

エゴがあるとき、そのエゴを肯定してしまうと楽になったり、楽しくなるのなら、
望んでいるものでない場合であっても(もしかして望みとは正反対の場合であっても)
エゴの内容を肯定して(裏にある思い込みに気づく。それをやめる。)
それで楽しくなれるなら、そうした方が良いのでは。基準なんて何もなく。感情が唯一
手がかりになりそうだから。今ある感情から下がりそうなら、どんな思い込みでも外して、
新しい思い込みをしても良いのだし、本当に何でも無制限に、感情を下げなくなるなら、
他人にどう思われるかと悩むような思い込みになっても、神仏の罰が当たるかもと思う
ことであってもよいから(そもそもこれが思い込み)変更する。自分の気分が少しでも
良くなるのでは。極端なことを言えば、被害者意識でも感情が今より(これまで被害者
意識を感じた時の感情)下がらないならば、どんな思い込みでも良い。被害者意識が
あっても別に良い。とにかく受け入れ、肯定し、苦しかったら、とりあえずとことん
苦しんで、もう苦しみが出てこなくなったら、次の意識や感情に向きを変える。どんな
エゴやペインボディであっても、これは〇〇だと判断せず、受け入れて、次に自分の
望むことへ少しずつ移動していく。気軽に。

思い込み その3

潜在意識や大いなる私、源に何回も繰り返し、繰り返し
メッセージを刻み込めば、いつも思っていること、思い
込みや価値観が、外部の状況を作り出しているという
ことが解る。
行動することよりも思考する方が、何十倍も大きな効果
を持っているということも、今までそれはありえない
という思い込みや価値観があって、行動以外に改善する
方法が思い浮かばず、思い込みは正しいこと(真理)
なので変更することはできないから、その範囲内で行動
により外的環境を改善しなくてはならないという思い
込みや価値観に覆われていた。
でも、医者や先生といわれる権威のある人、成功者の
自伝や書いた本、物語や宗教等の引用もしながら、それ
は真理ではなく、ただこれまでの人生の中で何の根拠も
なく唯々自らが選択した思い込みや価値観(不安や嘘に
よって外部により思い込まされていたものも含め)に
過ぎないということが解り、それを心の底から理解し、
納得するために何回も読んでいる。
納得しないとなかなか前に進めないから、高学歴者さん
の説もその学校に合格したというのはすごい権威では
ある。だから、信用して試しているところもある。
全ての思考がエゴによる幻であるのと同様に、全ての
思い込み、価値観、固定観念等は何の根拠もなく唯、自ら
が選択しただけ。それだけのものだから全ての事がすぐ
変更することも可能。その事に気づけばよいだけの事。
無理やり気分を上げて、キラキラ☆ハッピーにすると、
結局抵抗しているだけなので効果はない。量子的飛躍って
言ってたな。(引き寄せの法則
だから、とりあえず今考えられる思考の中から一番まし
だと思う事を考える。なければ、何も考えない。これだと、
最低でも感情は下がらずそのままでいられる。
その内、上がる事もあるから、少しずつ無理せず、ただ、
わかる範囲でいいから、観察し気づき、「今にある」
ようにする。劇的ではないけど、少しずつ良くなる。
そうすると外的状況もそれに合わせて変化していく。
外的状況やエゴと同一化してたまに感情が下がるときも
あると思います。でも、その時は下がったなと気づけば
それで充分。うまく気づきや解決方法が見つからない
場合でもそういう状態であると気づけばそれでOK。
ただ、観察できない程、心や体が疲労しないように
気をつけること。一番大事なことかも。行動を重視する
と結局この事がおろそかになりやすい。
今の状況や感情、思考内容を客観的に把握して何も判断
せず、受け入れ消化するだけ。

つまらないおしゃべりやテレビ視聴、ネット等も心や体が
疲れてしまいやすい。本来すべき宇宙意識と繋がったり、
自分の望みに意識を繋げ続けられなかったりする。だから、
ほどほどに、自分との対話をする時間を確保することは
大事だ。

日記や予定を書く時も何も考えず(抵抗せず、判断せず、
執着せず)、その時に頭に浮かんだことをそのまま書く。
解らない事(漢字や正確な数字等)があっても別に無理
して調べる必要はない。その時に浮かんだ内容を気にせず
適当に書くだけ。

エゴで楽しくない事を考えた時、気づいた瞬間に無意識
で止めてしまっている。できれば、その後も、エゴで思考
していた事を全て出しきる。充分エゴだと認識した上で、
そうすると、少し心の中に空間のようなものを感じること
ができた。今までは止めてしまったら、もう駄目だと思
っていた。気づいてもエゴの声をそのまま聞けなくては
いけないと思っていたが、そうでなくても良いみたい。

観察しなければならない。気づかなければならない。良い
気分にしなければならない。ネガティブな考えや固定観念
を見つけ出さなくてはならない。といった「~しなければ
ならない。」という思い込みに縛られると、もうその段階
でエゴによる義務、苦痛が伴うことになる。
良い気分になるという事に、あまり拘らない。ネガティブ
な思考や思い込みも恐れず、これまでしてきたただ1つの
選択事項だと軽く感じる。
実際そうだし、ネガティブな思考や思い込みと思い込んで
いるだけで、何の善悪や優劣、必要性の有無など一切ない。
ただ、それだけ。

ちょっとでも、面倒なことはせず、思考の方に意識を向け
よう。大事なのは現状ではなく、今の意識の状態すなわち
「今にある」かどうか。

これらの事(解説書を読んだり、観察等)も適当に
楽しく行い、難しく考えない。あくまでも、良い気分に
していくためのレッスンなんだから。真面目にしていって
ネガティブになっていたんでは意味がない。抵抗せず受け
入れていくんだから、遊びと同じで軽くやる。

自分の力でやろうとか、うまくいかせるために何かしよう
とか思わない。結局、努力しなくてはうまくいかない。
しかも、嫌々つらい努力をしないといけないけど、しなけ
ればうまくいかないという思い込みによってエゴが出てきて、
それに対抗して、苦しみと同一化してしまうから。
望む状況になっていて、思い込みや固定観念等と矛盾せず、
楽しい気分に普通の状態でなっていれば、現実も変わって
行きます。

結構、観察したり思い込みを変えるには体力も気力も頭脳も
使う。体調管理が必要。

思い込みを変えることができるのは自分だけ。変える内容も、
一番効果的な変更方法も人それぞれ。だから自分を信じて、
迷わずに正しいと思った事をしていく。正しいと思えば
それが正しい。宇宙意識からのインスピレーションも得やすい。
エゴに揺さぶられにくい。自己意識中心主義の人は特に有利。
自分が正しいと思う人ほど変更しやすい。どんな事も一つ
の選択肢なので、迷わない。

エゴのおしゃべりは、自分によく似た他人が私に話しかけて
いると考えると楽になるよ。
また、思い込みも自分によく似たおばちゃんが「これが真実
なんやで姉ちゃん」と私に話しかけているものだと考えると
楽になる。
第三者としてエゴや思い込みと接すれば、あくまでも選択肢
を提示されただけで、自分で選択することができるという
ことを実感できるから。

自分でなんとかする、これをすると良くなるのではと思って
いるのはエゴ。
所詮、エゴの考えたつまらない方法なんて宇宙意識の方法
に比べると屁でもないし、思い込みに基づいて考えた方法は、
本当にその目的のためにならず、かえって苦に繋がるかも
しれない。だから、自分がなった状態を感じる。幸せなら
今幸せになる。

思い込みや固定観念を利用し、エゴは優越や敵対心等で分離
したがる。全ての事実とそれをどう判断するかは別。エゴは
それを全て苦しみ(短気、苛立ち、うんざり等も含めて)だ
から不幸をもたらす。気づきが必要。
苦になるエゴが出てくる時は、それによって何か利を得ると
思っているから苦しみを喜んで受け入れている。→アドラー
も同じことを言っていた。ex,病気になると優しくしてもら
えるから、病気になってしまう。
相手に対しても、自分に対しても役割(思い込み)に陥らず、
「今にある」ようにする。思い込みやエゴも全て同一化せず、
自分の中に思い込みやエゴがある。現状もこうだし、この
ように判断して受け入れ、何も判断しない。何も相手に求め
ない。

全ての事に優劣、善悪、必要性の有無等はない。勝手に各人
が思い込んでいるだけ。だから難しく感じたり(アイドルと
付き合う、大金持ちになる等)するだけ。すべて思い込み、
それを外してただの選択肢の一つだとすれば、難易度自体が
存在しない。勝手に自分が思い込んでいるだけだと気づく。
エゴは不安を紛らわすために色々考えてくるが、それは
変わりゆくものなので、完全な不安の解消には至らない。

真理などそもそもなく、思い込みによって作られた不安や
恐れをエゴが一時的にでも解消しようと継続しているのが
現状。だから、優越心や敵、不安を煽ったりして、心理を
追い求めようとさせる。

どうしても、他人がいると意識してしまう。何もせず、何も
判断せず、善意や優劣等考えず、思考や現状をただ受け入れ
ればそれで良い。

親を海外旅行に連れていきたい。親孝行のために。これも
親孝行ができていない。海外旅行に連れて行けばそれができる。
でも、なかなか連れていけないから、難しいからありがたみも
ある。親孝行もなかなかできないから、ありがたみもある。
優越感もある。という思い込みに気づいた。
だから、海外旅行(ヨーロッパ)に行きたい。ついでに両親
も連れて行こう。一人旅も楽しいけど、たまには何人かと
行きたいしね。その方が自分としては楽しいから。海外旅行
(特にヨーロッパ旅行)も両親を連れて行くのもすごく普通、
当たり前のこと。すごく簡単でなんら普通、多くの人がして
いる普段の当たり前の日常的な事だと思い込みを持つ。
買い物や近くのレストランに食事に行くことと同じ程度だと
思い込むようにする。

エゴと思い込みがぶつかった時に苦が生まれる。エゴは
エゴとして、思い込みは思い込みとして自分の中にあるもの
だけど、何の判断もせずただ受け入れ同一化しない。
どんなものでも受け入れれば消えていく。

価値の有無、達成の難易度、意味の有無。全て自分が勝手に
思い込んでいるだけ。

これは、この法則だと常識だと思っている事、異性を大事に
しないといけない。男女同じなんだろうけどね。ワンネス
だから。全て思い込み。
美味しいもの良い。綺麗な所は良い。それを知っている人は
すごい。優越している。全て思い込み。自分がそういう思い
込みを数あるものの中から選択しているだけ。

ナイスバディは優れている → 価値がある → 難しい 
と思い込んでいるから達成しにくい。全て思い込み。

判断せず(といっても、判断がなければ欲求も生まれ
にくいが)、自ら選択すれば潜在意識は簡単なものだと
解釈して、それに見合った簡単な方法で解決してくれる。
解決は思い込みの深さ次第。

〇キラキラ☆ハッピー ・・・ 無理やり“気分”だけを
               上げる。
〇引き寄せ      ・・・ 思考を通じて“気分”を
               上げる。思考は無理やり
               気分を上げることだけに
               合わせる。
〇悟り系       ・・・ 思考(エゴ)に気づきに
               より消滅していく中で
               無理せず“気分”を上げ
               ていく。

「許容し、可能とする」とは、思い込みや固定観念により
してはいけないと思い込んでいることを許容し、できない
と思い込んでいることを可能とすることだと思います。

思考に対する感情(22段階)も大切だが、もっと大切
なのは、思い込みや固定観念に対する感情(22段階)。
これが快を向いているのか。
潜在意識に対してどうなのか。これが一番大きい。

後悔の部分は、若さ(過去)を取り戻せないという思い
込み、もっと自由に楽しく生活できたはずなのに、正反対
の思い込みに縛られて、ブレーキをかけながら自転車を
漕いでいるように苦しんでいた。という思い込み。
若さの方が今後の老いよりも価値があり、既に失敗した
からもう終わりという思い込みがあった。でも、それも
あくまでも思い込み。そのように感じるから、エゴによる
過失の失敗が苦に感じるようになる。

知人に対する恋愛に対するジレンマ。恋愛や
人間関係には勝てないなと。また、振り回される不安を
思い込んでいる一方で、Aさんには友達を紹介して
もらったし、Bさんには趣味のことなんかを楽しませて
もらえたという思い込み。このジレンマがあるが、
意識の焦点が自分は勝てないという、怒りや悲観に
当たっているので、そういう現実になっているのか。

今の現実は、どちらかというと、楽観、満足、焦り、
あたりかな。

思い込みや価値観、固定観念を含めてもいい。自分が楽しい
気分になるためなら、そんなことは全て無視して、楽しい
思い込みをしてみる場合、どんな考えならそうなるのか。
科学、法律、道徳なんかも時代とともに変化してきている
絶対的なものでもない。そんなものも無視して楽しい気分
になることを考えるのは自由だ。全てのものは思い込みに
過ぎないのだから。自由に自分の感情に合わせて思考を
作り変えよう。

何かのきっかけで人に対する印象とか思い込みによって、
こんな悪い人だと判断し、印象を勝手に決めて思い込んで
いる。それをなくしてしまえばどのように見えてくるのか。

今のところ状況は変化なし。
2017.11.11

思い込み その2

比較することは、何か価値観や思い込みがあって、
それに照らしてあわせているから、優劣がある。
しかも、その思い込みが大事であったり、大きく
真実のものと思うから、すぐ比較してしまうのでは。
あくまでも、作り物の思い込みや常識だから変えるか、
そもそもなくしてしまい、それらについての価値観や
思い込みがなくすと比較する基準もなくなるので、
何も反応しなくなるようにするようにするには
手っ取り早い。

散歩、しかもいつも自分が歩いていて、あまり危険や
不安を感じない所ですると、心に集中しやすい。
まわりが移っていくので、特に集中できる。
私の場合、瞑想もいいけど、体力増進がてら
散歩もしよう。自分を観察するのに調度良い。

全ての事に、善悪、優劣、必要性の有無なんてないんだ。
エゴが作り出した思い込みに過ぎないんだ。
だから、自分がポジティブになる思い込みをしていれば
良い。世界、国、老若男女、過去未来と思っている
ことは、全てこれまで蓄積してきた思い込みなんだ。
特に主観的な所、本当の客観的なことなんて一部。

思い込みでたぶん日本人に多いのは年上や先輩を敬い
尊重しなきゃいけない。自分が控えめにある美徳。
出る杭は打たれる的な考え方がある。あと、苦労は
つきものだから、苦労してこそ結果があるとか、価値が
あるとか。質素、倹約に努めるとか。ありとキリギリス、
うさぎと亀みたいに努力していないと後で苦労したり
後悔したりするという恐怖感。そう考えると童話って、
教訓を受け入れさせるために恐怖や不安を煽っている
んだな。どれも、だめじゃないけど、絶対的な真理でも
ない。あくまでも一つの考え方。だから、そんな
思い込みは排除すればいいんじゃないかな。年功序列
ふくめて、自分が負担となる思い込みは採用しなければ。
鬱陶しいじゃん。中身のない人に限って、そういう事を
グチグチと言うからだと思っていたが、そういう思い込みや
エゴに囚われているから、そういうふうになるのか。
これも思い込みかもしれないけど。

許容・可能にしている今の思考とは思い込み、信念、
常識、当たり前、固定観念の事だと思う。
(実践 引き寄せの法則 P60の8行目は言い換えると
「それによって、感情はあなたが先取りして既に
なっている自分との波動関係を示している。」)
先取りしてすでになっている自分に対して、思い込みや
信念、常識、当たり前だと思っている事、固定観念
どのような関係であるのか。たいてい、障害になって
いるとネガティブな気分になる。噛み合わないからだ。
その場合、どうすべきか。そういった、思い込みを
なくして、新しい思い込み(特に先取りして、既に
なっている自分と噛み合っていて相性の良い考えが
思い込みになるようにするか。少なくとも、噛み合わない
思い込み自体をなくす必要がある。だから、「許容し
可能にする」とは、思い込みを変えるということ。

思い込みや信念、固定観念、当たり前と思う通りの事を
外面世界に創出している。その前に思い込みによって
自分の感情が現れている。思い込み等に基づき、自分が
思考や感じたことがそのまま現実になって現れる。

結局、エゴやペインボディーの養分になっているのは、
思い込みや信念、固定観念、当たり前、真理だと思い込んで
いること。絶対なんてものは何もない。
だから、引き寄せのために新しい考えを作れば、いつか
それがエゴによって苦しみの原因になるかもしれない。
だけど、思い込み等を全てなくせば、おそらく欲も
なくなってしまうだろう。この状態にお釈迦様はなった
のかもしれないが、まだそこまで行く気にはなれないな。
とりあえず、思い込みを変えよう。

自分の内心を観察して、思考と感情がどのようになって
いるのかを観察してください。例えば、他人と楽しく
喋らないと、女性と間髪入れず楽しく話をして楽しませないと、
集団の会話内で自分だけ話をしていないのは悲しい、
駄目なことだ、人には優しく、こちらが負担になってきても
何かしてあげないとと思ってしまう。こういう時、感情が
ネガティブになっているかどうか確認してください。
どんな時でも、人間として最低限したほうが良いと思うことでも、
自分の気分がネガティブになるなら、それは自分に合わない
価値観や常識が残っているということです。それに気づく、
そうすると自然に消えていく。それが絶対なものではなく、
あくまでも、自分が選択した思い込みに過ぎないのだと気づく
こと。こんなことしたら神仏の罰が当たるのではと思っている
ことも、思い込みであって神仏はそんなこと言っていない。
人の事はあくまでもその人の事、解決する事なんかできない。
解決している状態を思考してあげることぐらいしかできない。
あまり、話を聞いてあげるのも、無意識に残ってしまうことが
あるから、心の中で「その考えには同一化しない」と思って
聞くか、聞くのをやめるかだと思う。(「今にある」状態に
なる。)

優越感なんて、それこそ一時的なものなので、それを感じたら
優越感が出ているなと気づくだけ、それと同一化しない。

今、僕は幸せ。幸せな状態、全てにおいて、仕事も、食事も、
人間関係も全て幸せ。願いを叶えるには、ポジティブな状態で
更にポジティブになりたいと思うことらしい。今も、充分満足
していると良いみたい。

ネガティブになったら、その後にある思い込みを探ってみよう。
それが生きづらくしている原因だ。

願い事の裏にはそれに対する思い込みがある。
 お金が欲しい → お金を稼ぐことは難しい。
 彼女が欲しい → 自分はモテナイ。
 健康的な肉体になりたい → 運動して健康的な肉体を維持
               するのは難しい。
 全て思い込み、この思い込みが邪魔をしている最大のもの。

メディア(テレビ、新聞、ネット、映画等)は無意識の内に
価値観を押し付けてくる。そして無抵抗にその価値観を受け
入れ易い。特にテレビは、信頼度やリアリティのある設定が
高いから、受け入れてしまいやすさが高い。でも、自分に
あわない場合は受け入れてはならない。見ているときも見ている
という行為に質を高めるというか、「今にある」状態で見て、
自分にあったものだけを受け入れる。本や、講演会などでも
そうだし、普段の会話でもそうだ。

もうすでに、望みという形で注文をしているのだから、あとは
レストランでテーブルに食事が届けられるのと同じように安心
していればよい。信頼していればいいんだ。自分の注文したこと
に対して。

少しでも嫌な気分になれば、その奥には思い込みがあるから、
その思い込みに気づいて、少しでも良いからましな気分になる
思考を選択する。

完璧じゃなきゃという思い込みがあると、それも苦しくなる。
だから、適当で楽しくやってればいいのだ。


今、客観的に起こっている事(ex. 雨が降る)は誰にとっても
変わらない。ただ、それをどうとるのか。(ex.良い → 雨音が
きれい、悪い → ムシムシする)また、その前提として価値観が
ある。それによって前述の反応を無意識にしてしまう。だから、
ネガティブな反応をすれば、それはどうでも良い思い込みがあり、
選択したくなればすぐに止めることもできる。必要なものだと
勝手に思い込んでいるだけなので、そんな事はすぐにやめる。
どんな時でも、今幸せなんだと思考する。別にキラキラ★ハッピー
のように無理矢理テンションを上げなくても良い。思い込みさえ
捨てれば、それ程ネガティブにならないはずだし。

知人とは仲良くしなくてはいけないとか、笑顔で接しないととか
思わなくても良い。喋りたくなければ喋らず、自分の心の安定、
幸せな気分を高めていけばよい。でも○○じゃないか。と思うのも
思い込みと、それにつけこんだエゴとペインボディーだよ。
知人に対する思い。良く接しないといけない、という
思い込み。気にしているという思い込み。知人と話をしたり、
異性関係や一般的な人間関係では負けてしまうのではという
思い込み。人生で負けているという思い込みなどが有るのでは。
でも、全部自分が選択した勝手な証拠もない思い込み。
自分がこれを選択しなくなったら、どうなるんでしょうね。
それに、仮に知人と話をしても、どのような事が
起こっても、僕は幸せのままならどうなるでしょうね。
僕はどんな時も「幸せ」のままでいられることができるということ
がわかった。知人が何を言ったり、何をしたり、
どういう状況であっても、自分の幸せとはなんら関係ないし、
「幸せ」のままでいられる。

周りが、外部がどうであろうと、思い込みによる無意識の反応で
エゴやペインボディーと一体化せず、ただ、幸せを選択していたら。
別に幸せを選択していなくても「今にある」(呼吸や行動に質を
高めていく)になっていたならば、それで良い。

ネガティブなことを惹起する客観的事実を無視するのではなく、
ネガティブになる関連付けを外してしまう。ただ、ニュースとか
もともと知らなかったネガティブな事は見なくても、それは無視
しているわけではないから大丈夫。極力そういうのからは避けて
おきましょう。

結局、すごく単純なことなんだけど、それを理解し納得するのは
人それぞれだから、人によって違うんだろうな。ただ、まだ結果を
出してないから、これが正解かはわからない。まあ、とりあえず
幸せを選択しておこう。どんな時でも幸せを選択しておこう。
そのためにも、自分の状態を観察して気づく、「今にある」って
今の状態、動いていたら、今右足を出したとかの感覚を感じる。
外部の音、目の感覚、耳の感覚、風の感触、
体温、呼吸、お腹の呼吸、周辺や背後の雰囲気や感覚などを
感じることなんじゃないかな。

潜在意識は、全てのものを作り、指示を出している存在。自分の
目玉を見られず、耳(鼓膜)の音は聞こえず、鼻の臭いをかけず、
自分の肌の感触を感じられないのと同じで、潜在意識を感じたり、
理解しようとすることは難しい。ただ、繰り返し、繰り返し、
思考した事が、潜在意識となり寝ている間も含めて無意識に思考し、
感情として現れ、世界を作っていくのなら、行動ですることに
比べて、どちらがどれだけ効率的かってこと。

適当にやろう。責任感なんていらない。と思っていて、それが
当たり前になるのはいいが、適当にできていないと自分を責めれば
何のためにそう思ったのか意味がない。
どちらでも良いし適当でよい。行動を評価せず、思考の中だけで
そう思うだけど良い。実際できてないため仕事をしたくないと思う
時は、無意識に仕事をした内容を評価しているんだろうな。
評価しない。行動はどうでも良い。一番大事なのは、感情を指針と
した思考、「今にある」が一番だけどね。

今持っている願望って、これまでうまくいってなかった結果、
願望となっているパターンもある。当たり前にできている事は
願わない方が多いから。でも、うまくいってなかったという事は、
その前提としてうまくいかないという思い込みがあるんじゃ
ないかな。だから、その思い込みを外してあげれば、スムーズに
進むのかもしれない。

今考えていることは、たいてい何らかの思い込みに基づいて思考
したり、感情となって出てきている。という事は、その思考が
潜在意識に作用しているために、結局願い通りの世界でその思考
通りの苦しみのある世界を想像し体験している。何も考えなければ、
宇宙意識からのパワーを直接受けることができるし、ネガティブな
思い込み、思考、感情を排除した最低でも±0の世界を体験できる
のではないだろうか。

食事やお風呂の邪魔をされるのが当たり前、そういう状況だと
思い込んでいる。だから、その通りの世界を体験している。
思考が先にある。そしてそれに対して抵抗している。

今しかない。今と仲良くしないと、エゴは過去や未来と勘違いさせる
幻想の世界を見せて「今」をも一緒に否定させてしまう。今しかないから、
過去や未来は思考の中にしか存在しない。特に主観的なものは。
あるのは「今」だけ。感覚として触れることができるのは。

今しかない。何かを考える時どうしても未来や過去を連想してしまう。
その段階でエゴと同一化しているということだ。ありもしない
過去やいつまでも来ない未来に執着していて、今を置き去りに
している状態なのだが、幻想を思考しているから。今からしか
現実は想像されないので、今までとよく似た現実が継続する。

内面を観察するには、まず体力が必要。健全な体調を維持しないと
観察する気力もなくなる。外部の状況もできる範囲内で、自分の感情が
よくなる程度に清潔に明るい環境を維持できれば良い。

体験も思い込みの結果、体験している場合がある。喋らないと
人間関係が良くならないとか、楽をしていると後で大変になるとか、
他人に親切にしないと親切にされないとか思い込んでいる。
今までの人生が負けている状態だと思い込んでいる。ある人との
関係で負けていると思い込んでいる。全部思い込み、それをエゴに
突かれているだけ。より良くしたら優越的な状況になるというのも
思い込み。だから、自分が望むなら人間関係でももっとサバサバ
していても良い。どうせ今だけの関係だし。適当で良いのだと思うこと。

過去の行ったと思っている事も未来の行われると思っている事も
本当にあったのか、あるのかわからないのにそれを「今」の時点で
抵抗している。一つ言えることは、「今」はそれらは何も起こって
いない。起こっていないのに抵抗だけしている。起こったと思って
いることも思い込みに過ぎないし、起こるであろうと思っている
こともわずかな過去から推計しているだけなので思い込みの最たる
ものだが、それに執着していて「今」から離れている。

散歩や写経、読経をしているとき。それ以外でもいいが思考が止まって
しまう行動をしていると「今にある」状態なのかもしれない。
特に、般若心経がいいらしい。

これも忘備録。今のところも変化なし。